住宅ローンの固定金利と変動金利

現在、住宅ローンを組んで一戸建て住宅の建造や分譲マンションの購入を考えている世帯も多いと思います。
でも、一言で住宅ローンといっても銀行によってもいくつもの種類があるのです。
そのなかでも金利に注目して大きく2つの分けられると思います。
その2つというのが固定金利と変動金利です。
変動金利の住宅ローンとは、返済する上乗せされる金利が名前のとおり変動するのです。
金利というのは社会情勢や政府の政策にによって大きく変動していくのです。
そのため今よりも金利が下がる可能性も高いのです。
その金利が下がることを予測している人はこの変動金利の住宅ローンがいいでしょう。
ちなみに、仮に金利が上がったとしても上限があり一定以上は返済額が上がることはありません。
このように、金利を抑えて返済額を少なくできる可能性が高いというメリットがある反面、長期的に返却する計画を立てにくいというデメリットもあるようです。
固定金利の住宅ローンは返済の金利がすでに固定されています。
住宅ローンというのは長期間にわたって返済していく必要があるものです。
堅実に将来設計を立てたい世帯にオススメの住宅ローンと言えるでしょう。
このように、固定金利の住宅ローンは長期的に返却する計画を立てやすいというメリットがある反面、金利が変動金利の住宅ローンよりも金利が高くなるデメリットがあるのです。
このように、変動金利と固定金利の双方にはメリットとデメリットが表裏しているのです。
そのため、固定金利選択住宅ローンというのも登場しています。
これは一定期間は固定金利なのですが、その一定期間を過ぎると変動金利と固定金利のいずれかを選ぶことができるのです。
そうすることで、変更できる時期になったとき、そのときの金利状況を見極めながら固定金利と変動金利のどちらかを選ぶことができるのです。
ただ、これは銀行によってもプランが違ってくるのできちんと銀行に確認を取る必要があります。
たとえば、固定金利の期間というは、銀行やプランによって変わってくるのです。
また銀行によっては、一定期間を過ぎると自動的に変動金利に移り変わるものもあるのです。
このように、固定金利・変動金利といった金利のことを考慮しながら住宅ローンの見積もりをしていく必要があるようです。
とくに変動金利の住宅ローンでは、急な金利上昇を考えて固定金利の住宅ローンよりもゆとりを持って見積もりをとっていく必要があるのだと思います。

おすすめの住宅ローンはこちら

今、住宅ローンで人気の新生銀行住宅ローン!こちらのサイトでは、その人気の秘密に迫ります。